最安値・家族用こたつと一人暮らし用こたつをご紹介♪

家族向けの大きめこたつから、一人暮らしに最適の小さめこたつ、女の子に人気のおしゃれなこたつをご紹介♪
 

2010年10月07日

輪島の朝市

輪島に旅行などに行くと、必ず立ち寄ると思われるのが「朝市」です。

昔々、物々交換を行ったことが今の市の起源とされています。輪島では神社の祭日ごとに物々交換の市が立ったと言われています。

これが輪島の市の始まりとされていて一千年以上も前から続いています。こうした古い歴史のなかで育まれてきた輪島の朝市には、売る者と買う者との心の触れ合いが生まれてきました。

売る人は女性が多く、「買うてくだぁー」「どこから来たん?」「安くすっさけに、買うてくだしー」という地元の方言が各お店から聞こえてきます。能登の方言は、男性と女性で少しイントネーションや語尾が違うことがあるのですよ。

朝市の露店の場所は親から子へ、子から孫へと何代も引き継がれているのです。野菜などは周辺農家のおばちゃん、活きのいい魚貝・海草は漁師町の女衆が売りに出ます。
輪島の女は働き者で「亭主の一人や二人養えない女は甲斐性なし」と自負しているのです。

朝市で売られるものに「値札」はあまり付いていません。値段は交渉しだい、買い手も売り手もこれを楽しんでいるのです。


ちなみに、毎月10日、25日及び正月三が日は朝市はお休みです(10日、25日は地物市が開かれます)。

※マイカーで朝市にお越しの方は、朝市から徒歩1分の朝市駐車場」をご利用ください。
(午前中有料−普通車650台、大型バス25台収容可能、駐車料金普通車300円、大型バス2000円です)

この朝市駐車場は12時以降だと無料で利用できますが、朝市は昼以降見ることが出来ないんですよね…。
タグ:朝市
【関連する記事】
posted by ぴよ at 06:50| Comment(0) | 石川県輪島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。