最安値・家族用こたつと一人暮らし用こたつをご紹介♪

家族向けの大きめこたつから、一人暮らしに最適の小さめこたつ、女の子に人気のおしゃれなこたつをご紹介♪
 

カテゴリー:石川県輪島市

2010年10月31日

垂水の滝

曽々木海岸の北端(珠洲市との境目付近)の海に面した断崖にかかる「垂水の滝」。

1000sozai%20%2831%29.jpg

垂水の滝は輪島市と珠洲市の境目の位置にあるため、紹介するサイトや旅行会社によて住所が珠洲市になっていたり輪島市になっていたりします。


落差は約30m、真下まで近付くことができ、滝の迫力を直接感じることができる素晴らしいところです。

厳しい能登の冬には、日本海からの強風により垂水の滝の流れが上空に吹き上げられ、あたかも滝が下から上に流れているかのように霧のように飛び散る「逆さ滝」の光景が有名。

私自身もなんどか見た事がありますが、波の荒い冬の海と相まって、迫力あります。


夏場などは、海水浴によく行ったりしました。

海で遊んだ後は、垂水の滝の水を浴びて、海水を流したり…

修行ごっことか言いながら、滝に打たれてみたりしましたねw

ただ、最近は海水浴のお客さんが少ないような気がします。

岩場だからかな?


最近、近場のトンネルが新しくなり、駐車場もきれいになりました。

冬場はとても寒いので、行く際には厚着でいくとよいと思います。


ちなみに、冬の時期の曽々木海岸沿いは「波の花」という現象が見られるかもしれませんよ〜。(波の花については次回記事で書きます)
ラベル:輪島市 珠洲市
posted by ぴよ at 04:04| Comment(0) | 石川県輪島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

白米千枚田

千枚田は国道249号線沿いの輪島と曽々木の中間辺りに位置し、小さな田が幾何学模様を描いて海岸まで続いています。

田の枚数は国指定部分で1,004枚もあります。

と言っても、その中には畳ぐらいの大きさの田んぼもあるんですけどねw

山の傾斜に合わせて田を作ったので、一つ一つの田んぼはそんなに大きくありません。

春から夏には海に沈む夕日が田に映えて美しく絶好の撮影ポイントとなります。

夕方頃にはカメラを抱えた人たちで駐車場が満車状態になることもしばしば。

千枚田の道沿いに駐車する人もおられますが、その道沿いでの駐車は違反ですのでご遠慮願いたいところです。


この千枚田を見下ろす所に「道の駅・千枚田ポケットパーク」があり、レストハウスには特産品や民芸品の販売やトイレもあります。

また、旅行会社などの大型バスが駐車するスペースもあり、輪島市へ旅行に来る際には、必ず寄るスポットとも言えます。


ポケットパークの駐車場はそんなに広くないので、連休中などは混み合います。

混み合う時間帯を避けたい場合は、朝市がやっている時間に行くと、旅行会社利用の団体の方が朝市でまわっているためか、比較的すいています。


また、千枚田では田植えや稲刈りのボランティアを募集しています。

そして、秋には抽選で婚礼儀式をあげることが出来ます。

ケーキカットのかわりに、二人で稲を刈り取るんです。

なかなか出来ない経験ですよ!みんな見ていて恥ずかしいけどw

毎年その時期に近くなると毎回募集しているので、輪島市のホームページから問い合せてみてください。

【輪島市のホームページ】
http://www.city.wajima.ishikawa.jp/index.htm

【輪島市 千枚田のページ】
http://www.city.wajima.ishikawa.jp/yorankaine/senmaida.htm
posted by ぴよ at 22:29| Comment(0) | 石川県輪島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

輪島の朝市

輪島に旅行などに行くと、必ず立ち寄ると思われるのが「朝市」です。

昔々、物々交換を行ったことが今の市の起源とされています。輪島では神社の祭日ごとに物々交換の市が立ったと言われています。

これが輪島の市の始まりとされていて一千年以上も前から続いています。こうした古い歴史のなかで育まれてきた輪島の朝市には、売る者と買う者との心の触れ合いが生まれてきました。

売る人は女性が多く、「買うてくだぁー」「どこから来たん?」「安くすっさけに、買うてくだしー」という地元の方言が各お店から聞こえてきます。能登の方言は、男性と女性で少しイントネーションや語尾が違うことがあるのですよ。

朝市の露店の場所は親から子へ、子から孫へと何代も引き継がれているのです。野菜などは周辺農家のおばちゃん、活きのいい魚貝・海草は漁師町の女衆が売りに出ます。
輪島の女は働き者で「亭主の一人や二人養えない女は甲斐性なし」と自負しているのです。

朝市で売られるものに「値札」はあまり付いていません。値段は交渉しだい、買い手も売り手もこれを楽しんでいるのです。


ちなみに、毎月10日、25日及び正月三が日は朝市はお休みです(10日、25日は地物市が開かれます)。

※マイカーで朝市にお越しの方は、朝市から徒歩1分の朝市駐車場」をご利用ください。
(午前中有料−普通車650台、大型バス25台収容可能、駐車料金普通車300円、大型バス2000円です)

この朝市駐車場は12時以降だと無料で利用できますが、朝市は昼以降見ることが出来ないんですよね…。
ラベル:朝市
posted by ぴよ at 06:50| Comment(0) | 石川県輪島市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。